2010年06月14日

屋号由来のキーワード

79c76881474f4e9e57af4f4676e2d1fd_m[1].jpg



お釈迦様と一人の弟子とのやりとりから生まれた
「拈華微笑(ねんげみしょう)」とは、まさに以心伝心を表す言葉です。

このことから、蓮は人に想いを伝える事、人に恵まれる事、
人と理解し合える「人徳」の象徴とされています。






蓮の葉は、決して汚れず、いつも綺麗な状態であることを
ご存じでしょうか?

蓮の葉の表面の繊細な特性が水を弾いて、水滴が玉となり、
葉っぱの表面を転がりながら、表面に付着した泥やゴミや虫などの異物を絡めて、
葉から払い落してしまうのです。

これをロータス効果と言い、まさに浄化の力そのものです。






吉祥天の化身が蓮であると言われており、蓮は「財、美、幸福」の
象徴とされてきました。

一般大衆が拝むのは弁財天、貴族が拝むのは吉祥天というように
貴族、今で言うセレブの人達が大切にされていた吉祥天は弁財天よりも
その力が強く、金運には一層のご利益があると信じられています。





寿
蓮の種の殻は非常に硬く、古いもので2000年以上前の種でも
発芽・開花することから、健康長寿の花とされています。

また、蓮の葉にお酒を注ぎ、茎を通って出てくるお酒を像鼻杯と言い、
それを飲むと健康長寿に大変効果があるとも言われています。






蓮を開花させるには根気が必要で、その過程は大変難しいと言われています。
そのことと同じくらい難しいのが、夢です。

蓮は泥中より生まれ出て、最後には清らかな大輪の花を咲かせることから
夢や困難な恋愛でも、いつかは必ず成就させる力を与えてくれる
花だと言われています。  




蓮がもつ神秘的な魅力を紹介致しました。


posted by 蓮 at 01:08| 石川 ☔| Comment(0) | 私たちの思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。