2010年06月12日

LOTUS

蓮について

23233919.v1275673331[1].jpg


蓮は泥中より生まれ出て、しかしその泥には染まらず、清浄で無垢な
美しい花を咲かせます。

人も同じように、泥よりも汚いものにまみれて生きていきますが
悟れば心が美しく花開くという人間の生き方そのものを説く
お釈迦様の教えを、蓮の花を一輪差しだしただけで理解したその弟子が、
後世に伝えたと言われています。

蓮は泥中で育ちますが、人生で例えるならその泥は、辛く苦しく、
悲しい経験そのものです。
大きく美しい花を咲かせるような人になるには、そんな泥水からたくさんのことを学び、
悟りを得なければなりません。

あるがままを受け入れる強さと、安らかな心を与えてくれる蓮は、
悟りの象徴そのものです。


posted by 蓮 at 00:23| 石川 ☀| Comment(0) | 私たちの思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。