2010年06月11日

方向性

経営理念

日本料理を中心として、「食」のあるべき姿、品質、サービスで 結果としての利益を
計算する前に、まず一人の人間としての生き方について考え、
仕事を通じて「食」を通じて、「自然、社会、先人」への感謝を忘れず、人間性豊かな 
日本の創造・発展に貢献する。



食育経営


「人」と「食」のあり方について考える。
・生きる上での基本であって、知育、徳育および体育の基礎を育てる。
・さまざまな経験を通じて「食」に関する知識と「食」を選択する力を習得し、
健全な食生活を実践することができる人間を育てる。





(「食」をめぐる問題点)

1、「食」を大切にする心の欠如
2、栄養バランスの偏った食事や不規則な食事の増加
3、肥満や生活習慣病(がん、糖尿病など)の増加
4、過度の痩身志向
5、「食」の安全上の問題点の発生
6、「食」の海外への依存
7、伝統ある食文化の喪失



(食育の三本柱)

◎選食力を養う
◎食事作法を身につける
◎地球の「食」を考える


posted by 蓮 at 23:16| 石川 ☀| Comment(0) | 私たちの思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。